皆さま、こんにちは。医師で腸のスペシャリストの城谷昌彦です。

さて、皆さんは摂食障害という病態をご存知でしょうか?

一般的によく知られている摂食障害では、体型や体重、摂取カロリーに対して過剰なこだわりがあり、ボディーイメージ(自己像)の偏りを伴い、摂取する食事の量により拒食症、過食症に分類されます。過食症では大量に食べた後に吐いたり、下剤を使って排出したりを繰り返すことがあります。

最近、これらの典型的な摂食障害とは少し違う患者さんを診る機会が増えています。

典型的な摂食障害とは異なり、自分が考える「健康的な食事」しか受け付けなくなってしまう人たちです。

1997年にアメリカ人医師、スティーブン・ブラットマンがこのような病態を「オルトレキシア」として提唱しました。厳密には正式な医学用語ではなく、症候群的な呼び方です。
オルトレキシアは、自分が健康的と思える食事以外は食べられなくなってしまう摂食障害の一種と考えられています。

今回は最近増えているこの「オルトレキシア」についてのお話です。

1.オルトレキシア ー健康な食事を求めすぎる人たちー

オルトレキシア

健康的な食事をするということは、私たちが健康に暮らすためにはとても大切なことです。しかし、一部の人にとって、健康的な食事をするということに意識を向けるということが、むしろ不健康な行動に結びついてしまうことがあります。

「オルトレキシア」では、「小麦が入っているのでこれはダメ」、「保存料が入っているので食べられない」、「ホルモン剤が使用されているので危ない」、「養殖魚は抗生物質を使っているからダメ」「動物性の食事はしない」などとして様々な食材を拒否する傾向があり、自身の基準で「健康的」と思えるもののみを食べます。

ここで重要なことは、あくまでも「自身が」健康的と思える食事であるため、過度になると栄養バランスの問題や、低体重に陥るケースもあります。具体的には骨減少症、貧血、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス、汎血球減少症、テストステロン欠乏症、および徐脈などを合併する場合があり、その場合は内科的な管理が必要となります。

また他人と一緒に外食したりできなくなるために社会的にも孤立してしまうケースもあります。こうなってしまうと折角「健康的な」食事をとっているつもりでも実際は「不健康」な状態になっているとも言えます。

2.あなたは大丈夫?

オルトレキシアチェック

ブラットマン博士が提唱するオルトレキシアかどうかを知るための質問表(The Bratman test for Orthorexia)は次のとおりです。気になる方は質問に答えてみてください。

①1日に3時間以上、食事関連のことを考えますか?

②何日も前から食事の献立を考えることがありますか?

③おいしい食事を味わう楽しみより、食品に含まれる栄養価が重要ですか?

④あなたの食事の質が上がったことで、逆にあなたの生活の質が低下しましたか?

⑤以前より、自分自身に対して厳しくなっていませんか?

⑥健康的な食事を摂ることによって、あなたの自尊心が上向きますか?

⑦「正常な」食べ物を摂るために、食事を楽しむことをあきらめましたか?

⑧食事療法をすることで、友人や家族と外食する機会が減りましたか?

⑨食事療法をやめようかと考えた時に、罪悪感を感じますか?

⑩健康的な食事を摂ることで、安心感を得られますか?

以上、10個の質問の中に4つまたは5つ以上「Yes」がある場合は、もしかするとオルトレキシアの可能性があるかもしれません。

オルトレキシアとよく似た病態に「強迫性障害」があります。下の図(図1)のようにオルトレキシアは強迫性障害や一般的な摂食障害とも症状が重なる部分が多くありますが、オルトレキシアの場合、食事に対するこだわりが目立つのが特徴です。

オルトレキシア図

図1:オルトレキシア、(一般的な)摂食障害、強迫性障害の関係 
(Neuropsychiatric Disease and Treatment 2015:11 385–394  より引用・改変)

3.現代社会における「食事制限」

様々な食材が溢れかえり、簡単に手に入れられるようになった現代、その中でも自分にとって有益となる特定の食材を選び、不利益となるものを避けようとする行動は決して特別なものではなく、日常的に観察されることでもあります。

3-1.文化的な現象としての「食事制限」

現代社会において人々が厳格な食事療法をして、ある一定の食事を避けるというのは良くあることです。ハーバード大学のマルチェロ・カンポス博士によると、次のようなことが食事制限を始める理由になりやすいようです。

・(食事制限をすることが)現代的でより衛生的なアプローチである。

・食料品に使われる有害あるいは有毒な化学物質使用量の増加。

・遺伝子組み換え食品(GMO)に対する社会的見解。

・健康的なものを食べることが重要であるとする意識の高まり。

・よりきれいな食事を強く推奨する記事やブログ、ソーシャルメディアなどの影響。

インターネットの普及により、食事に関する情報にも簡単にアクセスできるようになったことは望ましいことですが、人によってはより不安が煽られやすくなったとも言え、強迫的な行動に拍車をかけることになりかねません。

スマホで食事を撮影する

3-2.医学的な必要性による「食事制限」

時には医学的な必要性があり、厳格な食事制限を行い一定の食事を避けてもらうことがあります。

例えば過敏性腸症候群(IBS)では消化器症状を増悪させる食事を避けるよう指導がなされます。しかしながら厳格すぎる食事療法はその人の個人的・社会的な健康感を損なうこともあり、そのような場合には医学的にも食事制限をする理由とはなりません。「美味しく」「楽しく」食べるということも精神衛生上とても大切なことであり、特定の食事療法で食事制限をする場合もバランスを考えることが重要です。

4.オルトレキシアの有病率

現在、オルトレキシアの統一された診断基準がないこともあり、オルトレキシアに悩む人々の割合を推定することは困難とされています。

Eating and Weight Disorders Journal に発表された研究によると、女性は男性の2倍のオルトレキシアを発症する可能性があります。

また、いくつかの研究によるとヘルスケアに関わる職業の人やオペラ歌手、バレエダンサー、オーケストラ団員、スポーツ選手などがオルトレキシアを発症するリスクが高いとも言われています。

バレエシューズ

5.オルトレキシアの診断

オルトレキシアはまだ正式な医学的な病名として認められていませんが、 Morozeらは2015年のPsychosomatics journal の記事でオルトレキシアの4つの診断基準を提案しました。

【Morozeらによって提案されたオルトレキシアの診断基準】

A.健康的な食事への執着
(次の項目のうち2つ以上を満たすことが必要)

・食品の「健康度」に執着するため、栄養学的に偏った食事をとっている。

・不健康な食品を食べることや、食品の品質・成分が身体的・精神的健康に及ぼす影響について心配している。

・不健康であると考えられる食品を厳格に避ける。(脂肪または防腐剤、食品添加物、動物性食品、または自身が不健康であると見なすその他の成分を含む食品が含まれる)

・食品関連の専門家ではない個人の場合、特定の食品について読んだり、入手したり、準備したりするのに過度の時間(たとえば、1日3時間以上)が費やされる。

・「不健康な」食品を摂取してしまった場合、罪悪感や自己嫌悪感を感じる。

・食物に関する他人の考えに対して不寛容。

・食品の品質と成分にこだわるがあまり、収入に比べて過剰な金額を食品に費やしている。

B.強迫観念の存在
(これにより次のいずれかまたは両方の状態に至る)

・栄養の偏りによる身体的健康度の低下を伴う(例えば、偏った食事のために栄養失調を発症)。

・「健康的な」食事についての強迫観念や行動に起因する、社会的、学問的、または職業的機能の深刻な苦悩または障害を伴う。

C. 強迫性障害、一般的な摂食障害、統合失調症など別の精神疾患の増悪に伴う障害だけにはとどまらない

D. 宗教的イデオロギー、専門的に診断された食物アレルギー、また特別な食事療法などで、この行動をうまく説明することができない

6.オルトレキシアが招く悪循環

オルトレキシア カラの皿

オルトレキシアの多くの場合、元々は単に健康的な食事をしたいという純粋な気持ちから出発しますが、その人に強迫的な素因がある場合などは特に、より健康的な食材選びが高じて「絶対的に」健康的な食材を選ぼうという観念に支配されていきます。

「これを食べても大丈夫だろうか?」というような心配を抱えながら食事をすると、私たちの体は無意識に緊張状態となり、自律神経にも影響を与えます。つまり胃酸や胆汁の分泌が低下したり、胃腸の蠕動運動にも影響が及ぶため、効率的な消化・吸収が阻害され、栄養障害の原因となります。

また、緊張に伴い、アドレナリンやノルアドレナリンといった神経伝達物質の分泌が増えると不安感や強迫症状が助長されるため、オルトレキシアの症状を助長するという悪循環に陥りやすくなります。

7.治療と管理

オルトレキシア治療

現在までのところ、オルトレキシアの治療効果に関する研究はまだありませんが、臨床現場では様々な方法が提案されています。医師、心理士、および栄養士を含むチームで治療に取り組むことが理想とされています。医学的な管理のもと、認知行動療法、および心理療法を組み合わせて行い、大幅な体重減少や栄養失調がある場合には入院による治療が必要なこともあります。

向精神薬の中では、セロトニン再取り込み阻害剤(SSRI)がオルトレキシアに役立つと報告されており、食欲不振と強迫性障害の両方に対して効果が期待できます。ただし、オルトレキシアの人は、医薬品を「非天然」物質として拒絶する傾向がある点は注意を要します。

自分でできるセルフケアの方法としては、ヨガや気功のほか、自律訓練法や腹式呼吸といった自律神経に働きかける方法が推奨されます。

また、ミネラルやビタミンの不足で体調を崩しているケースもあるために、必要に応じてマルチミネラル・ビタミンなどのサプリメントが有効な場合もあります。

8.「美味しく」「楽しく」食べる

食事を楽しむ女性たち

世の中には多くの食事療法に関する情報が溢れかえっています。これらの情報をうまく取捨選択し、自分の体にも心にも心地いい食事療法と出会えるといいのですが、情報に振り回されて疲れている人も少なくありません。まるで「情報」を頭で食べているといっても過言ではないようなケースも見受けられます。

食事は私たちの体を作る栄養素というだけでなく、私たちの生活に彩りを与えてくれるものでもあります。私たちの消化管には舌以外にも味を感知する受容体が多く備わっています。頭で食事をするのではなく、心も体も喜ぶ食事を「美味しく」「楽しく」食べるように心がけたいものです。

参考文献
Neuropsychiatric Disease and Treatment 2015:11 385–394 
Eat Weight Disord. 2019 Apr;24(2):209-246

この記事の執筆は 医師 城谷 昌彦先生

【医師】城谷 昌彦
医師

城谷 昌彦

監修医

消化器病専門医・消化器内視鏡専門医・認定内科医・認定産業医
ルークス芦屋クリニック院長
腸内フローラ移植臨床研究会専務理事
NPOサイモントン療法協会理事
ヒュッゲ・ラボ株式会社代表取締役

主な所属学会

日本内科学会・日本消化器病学会・日本消化器内視鏡学会・日本抗加齢医学会・日本統合医
療学会・日本先制臨床医学会 など

東京医科歯科大学医学部卒業。
神戸大学病院内科、京都大学病院病理部、兵庫県立塚口病院(現・尼崎総合医療センター)消化器科医長、城谷医院院長などを経て、2016年ルークス芦屋クリニック開設。
消化器病専門医でありながら、自ら潰瘍性大腸炎発症によって大腸全摘術を経験。
西洋医学はもとより、東洋医学、心理学、分子栄養学、自然療法等の見地からも腸内環境を健全に保つことの大切さを改めて痛感し、腸内環境改善を柱とした根本治療を目指している。
2017年からは腸内フローラ移植(便移植)による治療を開始。腸内細菌が人体に及ぼす多大な機能改善力に着目し、潰瘍性大腸炎などの消化器疾患だけでなく、うつ、自閉症、自己免疫疾患、がんなど多岐にわたる疾患の治療を行なっている。

続きを見る

著作・監修一覧

  • ・『腸内細菌が喜ぶ生き方』(海竜社)
  • ・『骨スープで楽々やせる!病気が治る!』(マキノ出版)
  • ・『専門医伝授「アミノ酸豊富!骨だしスープで腸内フローラを再生」』(WEB女性自身)